引越しトラック 道路の幅

引越しトラックと道路の幅

引越し トラック 道幅

 

引越しトラックにはいくつか大きさがあって、荷物が少ない引越しには小さいトラック、荷物が多い引越しには大きなトラックを選びます。
すべての荷物が何畳の部屋に収まりそうかで引越しに使うトラックの大きさが決まるのですが、ここで一つ問題があります。

 

それはトラックを駐車する道路の道幅です。
細くて駐車禁止が多い日本の道路、階段が多い場所もあります。

 

それに交通ルールは無視できないため、そこのに長時間停めて引越し作業をすることは出来ません。
引越し業者のトラックの大きさとトラックを停めるのに必要な道幅はこちらです。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには全面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックには全面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには全面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには全面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車
高さが7〜8階まで対応可能ですが、全面道路4m以上が必要

 

引越しの荷物が多くても、物件に面する道路の幅が狭い時は大きなトラックを使用できません。

 

物件から少し離れた場所で作業するか、小さなトラックを何台か用意することになります。